子宮体ガン

ホルモン補充療法の副作用で心配なのは、子宮体ガンと乳がんです。子宮のある人に、エストロゲンを単独で5年以上投与すると、子宮体ガンの発症率が5~8倍に増加するといわれています。しかし、プロゲステロンを併用して投与すると、発症を抑えられることが明らかになり、2剤を併用してホルモン補充療法を受けている人の子宮体ガンの発症率は、受けていない人と同じか、低くなるという結果が得られています。

 

 

乳がん

エストロゲンは、乳腺組織の増強を盛んにします。そのため、エストロゲンの投与で乳がんが発症しやすくなるといわれています。エストロゲン単独でも、プロゲステロン併用でも、5年以上長期に継続投与した場合、乳がんの発症率はやや高くなるとされます。

 

 

その他の女性特有の病気

女性ホルモンの影響を受ける子宮筋腫、子宮内膜症、乳腺症なども、エストロゲンの作用で病気の進行、再発の可能性がありますが、エストロゲンの投与を中止すれば、病状は改善されます。そのほか、不正出血、乳房の痛みや張り、おりものの増加などの症状があらわれる場合があります。

 

 

その他の病気

エストロゲンの血中濃度が高くなると、肝臓機能を亢進させ、血液を固める物質や血圧を上げる物質の産出を高めたり、コレステロールの代謝に影響を及ぼすため、虚血性心臓病、脳卒中、静脈血栓・塞栓症、肝機能障害、高血圧、胆石症などを引き起こしたり、悪化さることがあります。

 

 

ホルモン補充療法を受けられない人

・乳がん、子宮体ガンにかかったことがある人

・静脈血栓、塞栓症にかかったことがある人

・動脈硬化が進んでいる人

・糖尿病の人

・肝機能障害がある人

・原因不明の不正性器出血がある人

 

 

ホルモン補充療法を避けたほうがよい人

・子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症で治療中の人

・高血圧で降圧剤を服用中の人

・腎臓病の人

・乳腺症の人

・甲状腺機能障害のある人

 


 

2016年1月24日更新