酵素分解ローヤルゼリー

 

 

 

①更年期症状に対して有用な原料とその効果

 

 

酵素分解ローヤルゼリー 更年期対策成分

 

乾燥ローヤルゼリー粉末

 

ローヤルゼリーには豊富な成分が含まれており、成分は実に40種類以上です。その中でも特徴のある成分として、デセン酸が含まれています。デセン酸は天然物質の中ではローヤルゼリー西か含まれていない成分です。デセン酸は女性ホルモンに似た働きがあるため、更年期の女性への作用が期待できます。

 

ローヤルゼリーは食品であるため、厳密に摂取量等の基準は設けられておりません。ですが、ローヤルゼリーを摂取することで効果が期待できる量を、一般的な成人の体重・身長等を考慮しながらサプリメント等を製造しているはずです。そのため、パッケージ等に記載されている用法用量を正しく守っていただくことで、最も安全に使用することができます。1日の摂取目安としては3~5粒とされているため、摂取量を守って使用しましょう。

 

 

亜鉛

 

亜鉛は味覚を正常に保つ、皮膚や粘膜の健康を助けるなどの働きがあり、栄養機能食品の一つです。

 

亜鉛の許容上限摂取量は男女ともに30mgとされています。基本的には食事等を合わせても、中毒等が現れることはありません。そのため、用法・用量を正しく守って摂取することが大切となります。

 

 

 

②原材料(添加物)の信頼・安全性

 

 

酵素分解ローヤルゼリー 原材料表示

 

HPMC

 

保健機能食品のカプセル剤や錠剤に使用されている添加物です。JECFA(日本医薬品添加剤協会)の評価として“HPMC が添加物として適切に使用される場合、安全性に懸念がない”とされています。また、1日許容摂取量(ADI)の設定は特定しないとしているため、安全性は高いと言えるでしょう。

 

 

微粒二酸化ケイ素

 

二酸化ケイ素は指定添加物の一つとされており、固結防止剤として使用されることが多いです。JECFAではこちらの添加物もADIの設定を特定しないとしているため、安全性は高いと言えるでしょう。

 

 

セルロース

 

食物繊維の一種で、基本的には増粘安定剤として使用されています。消化や吸収はされず便として体外へ排泄されてしまいますので、体への影響は心配いらないでしょう。

 

 

 

③品質・製造工程

 

 

酵素分解ローヤルゼリー 品質管理

 

ローヤルゼリーの品質を守るため、ミツバチの行動範囲半径3km以内には農薬散布を行っている農場がなく、半径30km以内には化学工場などのない有機養蜂場で栽培しています。また、集荷された原料に対しても多くの品質検査を行っているため、品質・安全性の管理は十分に行き届いていると考えられます。

 

 

 

④価格と内容成分の妥当性

 

 

酵素分解ローヤルゼリー 購入

 

100粒入りで7344円(税込)とのことなので、一日あたり約220~367円となります。この程度の負担で高品質なローヤルゼリーを摂取できるというのは、大変充実した内容であると言えるでしょう。

 

 

 

⑤まとめ

 

内容成分についても問題は見受けられませんし、品質や安全性に関しては大変力を入れています。そのため、おすすめできるサプリメントであると言うことができます。

 

 

酵素分解ローヤルゼリー 公式サイトへ

 

 

 

2016年5月4日更新