半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

症状:精神不安、咽喉頭異常感症、更年期障害、不眠症、うつ状態、パニック障害、咳、神経性胃炎、嘔気、のどのつまり感、息苦しさ、動悸、めまい

 

半夏(はんげ)—サトイモ科のカラスビシャクの塊茎。

鎮嘔、鎮吐、鎮咳、去痰作用がある。

 

茯苓(ぶくりょう)—サルノコシカケ科のマツホドの菌核。

利尿、動悸、めまいなどに効果ある。

 

厚朴(こうぼく)—モクレン科のホウノキの樹皮。

収れん、利尿、去痰作用があり、膨満感、腹痛、咳などの治療に用いる。

 

蘇葉(そよう)—シソ科のシソ、チリメンジソの葉および枝先。

発汗、解熱、鎮咳、鎮痛作用があり、気管支炎、胃腸炎などの去痰、消化促進に用いる。

 

生姜(しょうきょう)—ショウガ科のショウガの根茎。

吐き気を改善する。

 

 

桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

症状:不眠症、夜泣き、夜尿症、神経症、眼精疲労、ED、遺精、更年期障害、パニック障害

 

桂皮(けいひ)—クスノキ科の樹皮。

発汗、解熱、鎮痛作用があり、上逆(気が下腹から上部へ発作的に突き上げてくる症状)、頭痛、疼痛を伴う諸症状の治療に用いる。

 

芍薬(しゃくやく)—ボタン科のシャクヤクの根。

鎮痛作用、抗炎症作用、平滑筋弛緩作用などがあり、筋肉痛、肩こりに効能がある。

 

大棗(たいそう)—フロウメモドキ科のナツメの果実。

鎮痛、緩和、強壮作用があり、胸部、腹部痛の治療に用いる。

 

牡蛎(ぼれい)—イタボガキ科のカキの貝がら。

動悸、精神不安、神経過敏などを治す。

 

竜骨(りゅうこつ)—大型哺乳類動物の化石化した骨。

炭酸カルシウム、りん酸カルシウムなど。下腹部の動悸、遺精、夢精を治す。

 

甘草(かんぞう)—マメ科のウラルカンゾウの根。

鎮痛、抗炎症、抗アレルギー作用がある。

 

生姜(しょうきょう)—ショウガ科のショウガの根茎。

吐き気を改善する。

 

 

 

2015年12月3日更新