柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

症状:風邪、気管支炎、気管支ぜんそく、慢性肝炎、自律神経失調症、不眠症、更年期障害、神経症、うつ状態

 

柴胡(さいこ)—セリ科のミシマサイコの根。

解熱、鎮痛、消炎作用がある。

 

黄芩(おうごん)—シソ科のコガネバナの根。

消炎、解熱作用があり、黄疸、呼吸器感染症、胃腸炎の治療に用いる。

 

カ楼根(かろこん)—ウリ科のキカラスウリ、オオカラスウリの根。

口の渇きを治す。

 

桂皮(けいひ)—クスノキ科の樹皮。

発汗、解熱、鎮痛作用があり、上逆(気が下腹から上部へ発作的に突き上げてくる症状)、頭痛、疼痛を伴う諸症状の治療に用いる。

 

牡蛎(ぼれい)—イタボガキ科のカキの貝がら。

動悸、精神不安、神経過敏などを治す。

 

甘草(かんぞう)—マメ科のウラルカンゾウの根。

鎮痛、抗炎症、抗アレルギー作用がある。

 

乾姜(かんきょう)—ショウガ科のショウガの根茎。

嘔吐、咳、下痢、手足の冷え、精神不安、神経過敏、腹部・胸部・腰部の疼痛を治す。

 

 

防巳黄耆湯(ぼういおうぎとう)

症状:変形性膝関節症、水太り、むくみ、多汗症、月経不順、関節リウマチ、関節痛

 

黄耆(おうぎ)—マメ科のキバナオウギの根。

止汗、利尿、強壮作用があり、自汗(自然に汗がでる汗をかきやすい体質)、盗汗(寝汗)、浮腫、麻痺、疼痛などの治療に用いる。

 

防已(ぼうい)—ツヅラフジ科のオオツヅラフジのつる性の茎および根茎。

利尿、鎮痛作用があり、神経痛、リウマチ、関節炎、水腫などの治療に用いる。

 

蒼朮(そうじゅつ)—キク科のホソバオケラまたはシナオケラの根茎。

健胃、利尿、発汗、鎮痛作用があり、胃下垂、神経痛、リウマチなどの治療に用いる。

 

大棗(たいそう)—フロウメモドキ科のナツメの果実。

鎮痛、緩和、強壮作用があり、胸部、腹部痛の治療に用いる。

 

甘草(かんぞう)—マメ科のウラルカンゾウの根。

鎮痛、抗炎症、抗アレルギー作用がある。

 

生姜(しょうきょう)—ショウガ科のショウガの根茎。

吐き気を改善する。

 

 

 

2015年11月20日更新