当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

症状:月経困難症、月経痛、月経不順、不妊症、習慣性流産、産前産後の不調、更年期障害、貧血、めまい、むくみ、倦怠感、頭痛、腰痛、冷え、しみ、にきび、しもやけ、慢性腎炎

 

芍薬(しゃくやく)—ボタン科のシャクヤクの根。

鎮痛作用、抗炎症作用、平滑筋弛緩作用などがあり、筋肉痛、肩こりに効能がある。

 

蒼朮(そうじゅつ)—キク科のホソバオケラまたはシナオケラの根茎。

健胃、利尿、発汗、鎮痛作用があり、胃下垂、神経痛、リウマチなどの治療に用いる。

 

沢瀉(たくしゃ)—オモダカ科のサジオモダカの塊茎。

利尿、止渇薬(口の渇きを止めるくすり)として、尿の量・回数が少ないときとの改善、口の渇き、胃内鄭水の治療に用いる。

 

茯苓(ぶくりょう)—サルノコシカケ科のマツホドの菌核。

利尿、動悸、めまいなどに効果ある。

 

川芎(せんきゅう)—セリ科のセンキュウの根茎。

温性駆瘀血薬(血液の滞りをなくし、循環を良くするくすり)、補血、鎮静、鎮痛薬として、貧血症、冷え性、月経痛、月経不順などの治療に用いる。

 

当帰(とうき)—セリ科のトウキの根。

冷え性、血行障害の改善に、補血、強壮、鎮痛作用がある。

 

 

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

症状:便秘、月経困難症、月経不順、月経時の精神不安、産後の精神不安、更年期障害、おりもの、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、にきび、しみ、湿疹

 

桃仁(とうにん)—バラ科のモモの種子。

消炎性駆瘀血薬(血液の滞りをなくし、循環を良くするくすり)として、月経不順、だぼくによるうっ血の疼痛、血行不順による関節痛などの治療に用いる。

 

桂皮(けいひ)—クスノキ科の樹皮。

発汗、解熱、鎮痛作用があり、上逆(気が下腹から上部へ発作的に突き上げてくる症状)、頭痛、疼痛を伴う諸症状の治療に用いる。

 

大黄(だいおう)—タデ科のショウヨウダイオウの根茎。

蠕動促進、瀉下作用(下剤)があり、大腸に作用する。

 

甘草(かんぞう)—マメ科のウラルカンゾウの根。

鎮痛、抗炎症、抗アレルギー作用がある。

 

茫硝(ぼうしょう)—天然の含水硫酸ナトリウム。

腹部の膨満、硬い大便、胃腸の滞留物などの除去を治す。

 

 

 

2015年11月13日更新